2007年12月26日

スピリットに不要な感情を手放すことをお願いする方法

キャロル・トルーマン

スピリットよ、私のこの[                         ]という嫌な気持ちの出所を突き止めたまえ。(この空欄に手放したい意識の内容を入れる)

 私の存在のありとあらゆる部分を隅々まで掘り下げて、天の真理をもってその正体をあますところなく解明したまえ。

 ここに手を差し伸べて、天の御心に従ってこの意識が生み出すすべての状況から私を救い、今このときを光と真理で満たし、私にこのような感情を抱かせしめたあらゆる人々、あらゆる状況を受け入れるおおらかな度量を与え、愛と平安を授けたまえ。

 無条件の愛と寛大な心をもって、私はたった今、これまで抱いてきた思い込みを追放します!私の肉体、思考、感情、そして魂に宿る不純な要素、固定観念にとらわれた不適切な行動を、ひとつ残らず手放します。

 今は[                                          ](ここにそうありたいと願っている内容を入れる)

 スピリットよ、私を助け、確かな力を与えてくれたあなたに心から感謝を捧げます。泉のように恵みを注いでくださる天とスピリットに栄えあれ。

上記の文章を声に出して読み上げます。
自分の中の不要なものを手放すのに、効果があると思います。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発

2007年12月25日

セドナメソッドによる感情解放

1、今、感じている気持ちに注意を向けます

2. その気持ちを認めることはできますか?

認められるなら「はい」、そうでないなら「いいえ」と答えてみます。

3. その気持ちを手放せますか?

自分の答えが「はい」でも「いいえ」でもいいのです。

4. 手放しますか?

これも、自分の答えは「はい」でも「いいえ」でもいいのです。

5. それはいつですか?

自分の中でいつごろかを直感します。

そして、これを数回繰り返します。

心の緊張を取るのにとても効果がある方法だと思います。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発

2007年12月24日

ミクシィの入会制限

ミクシィに登録するには、携帯電話のメールアドレスが必要なんですね。携帯電話のメールアドレスで認証をすることによって、複数のアカウントの取得することをなるべく、阻止したいという意図なんでしょう。

何でも、早く物事をこなしておくべきという教訓を得ることができました。(笑)





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2007年12月23日

「徹底力」を呼び覚ませ! 圧勝するためのハードボール宣言


ボストンコンサルティンググループのコンサルタントの書いた本です。

1、圧倒的な戦略を注ぎ込め
2、自らの常識を疑え
3、ライバルの「利潤の聖域」を荒らせ
4、アイデアは堂々とパクり、わが物とせよ
5、ライバルを欺け
6、ユーザーの妥協を排除せよ

問題の核心(Heart of the matter)
問題の根幹を形成する組織的な要素
事業の成長や成功を制限する要因

アノマリー(特異な事態や状況、不規則性であり、規範からの逸脱)
いったいここで何が起こっているのか
ここから何が学べるのか
我輪絵の事業をまったく新しい水準に引き上げる洞察が隠されていないだろうか

ビジネス活動のポートフォリオを合理化する
コストと価格にメリハリをつける
製品・サービス・顧客に関心を集中する
主要競合他社の長所を弱点に転換する
迅速・集中・根幹





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2007年12月22日

アントニオ猪木の”喝”

「ちょっと気を抜けばしぼんでゆく風船に、新しいアイデアと闘いという空気を次々送り込むこを繰り返すしかない」
「いろんなところで俺は”みなさんは運はいいですか?”って聞くんだけど、ちょこっとしか手を挙げないよ。挙げない人は、もうその時点で悪い人生を選択しているわけですよ。だから”俺は運がいいんだ!”って、そこから始めれば…元気があれば運もついてくるはずなんだよ」

毎日の自分の選択が歴史を創ることになるということですね。
元気が一番!
自分で自分自身を鼓舞できるというものも個人の才覚の一つだと思います。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自己啓発

2007年12月21日

オマケつき!マーケティング


「常識破り」とは、顧客がそれについて何か一言いいたくなるという意味。
マーケティングが、消費者に対して「あなたが抱える問題はこれで解決」というメッセージを伝えること。
「オマケ」とは、ほとんどコストのかからない「イノベーション(創意工夫)」のこと。
「オマケ」とは、本来のアイデアがもたらす効用を超え、よけいにカネを払うだけの価値のある、そして話題にする価値のある、特別で独自の要素を追加するもの。
製品そのものがマーケティング。
大きなな変化はゲームそのものを変えてしまうことで利益をもたらしてくれる。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2007年12月20日

図解 へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ!―ここに気づくかどうか!?


コンサルティング会社船井総合研究所の社長が書いた本です。
成功者は日々の小さな積み重ねを継続できる人
量の積み重ねは、質に転化する
仕事量をこなすと、それに必要な能力がついてくる
情報発信能力、情報提供方法、情報のルール化、情報加工業、願望を満たす情報を提供する
送り手側の理念(ストーリー性)は消費者の購買基準になる
気がついていない問題点に気づく







人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2007年12月19日

育ちのヒント―有力会社でイキイキ働く3000人を見てわかったこと


人材戦略コンサルティング会社ワトソンワイアットのコンサルタントが60ヒントを挙げていて、その中から3つを選び、3ヶ月間実施することを推奨しています。
「やる気」は動いて作り出す(どこから手をつけてもかまわないので、とにかく始めてしまう)
ショートカットをしない(きちんと自分の頭で考え、粘り強く継続的に取り組む)
半歩上の仕事術(気の持ちようでできる簡単なことを意識してコツコツやってみる)
「気づき」ノートを作る(ちょっとしたことでも書き留めることを習慣化する)
やりきる(途中で変化を起きたのであれば、目標を変えるのではなく、やり方を変える)
メカニズムに興味を持つ(原因仮説が立てられると、問題に対して対症療法ではなく、再発防止を図るような対応をとることができる)
「反応」は選択できる(「こう反応したい」という自分の意思を、言葉にする)
「自分には無理」と思い込まない(「自分がどうなりたいか」「なりたい自分を今の自分の差はどこにあるか」「その差を埋めるためにどうするか」をきちんと語れる
できないのには必ず原因があるので、それをつぶす。つまり、方法が悪いのか、そうなるために努力が足りないのか、順番が間違っているのか。それをつぶし終わるまでは、諦める理由がない)








人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2007年12月18日

神の使者


キリストの弟子2人と筆者のチャネリングによる「赦し」について書かれた本です。エゴがこの世という幻想を生み出し、それを消すためには、「赦し」をただひたすら実践しなさいということを一貫して説いています。単なる無抵抗主義なのか、それとも、偉大な真理なのか、今のところ私には、判断が付きかねているのですが、ともすると他人にも自分にも甘く接して終わるだけのような気もします。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2007年12月16日

GTDについて

GTDとは、Getting Things Doneの頭文字を取ったもので、米国のコンサルタントのデイビッド・アレン氏の著作のタイトルとして「Getting Things Done」が使われています。
はじめてのGTD
ざっと目を通した感じでは、良さそうなので、実践してみることにします。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2007年12月15日

200桁の数字の13乗根を暗算したフランス人

人間計算機と呼ばれるフランス人男性アレクシス・ルメール氏(26)はこのほど、英オックスフォード科学史博物館において77・99秒で200桁の13乗根を解き、自分の持つ世界記録の513秒を大幅に塗り替えた。

報道では、アレクシスは4年間を費やし秘密のマトリクスを発展させ、このような膨大な数字の計算を掛け算でもするように解くのだという。彼の話では暗算の作業は非常に難しく、多くの準備が必要で、毎日多くの訓練を重ね、数学技術や記憶を進めなくてはならないという。

また、彼は2004年に100桁の13乗根を3・62秒で解き、ドイツ人ゲルト・ミットリンク氏の持つ13・55秒を打ち破っている。神経学者によれば彼のような暗算マスターが暗算をする時は普通の人とは違う部分の大脳を使用しているという。

このほかにもアレクシスは他の時間を利用して40種の言語を学んでいる。

世の中には、ほんとすごい人がいるもんですね。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2007年12月13日

文系ブロガーはみんなPHPをやるべき

文系ブロガーはみんなPHPをやるべき
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0712/12/news004.html
圧縮新聞訃報ドットコム
を開発した方のインタビューです。
『田口元の「ひとりで作るネットサービス」探訪』に載っています。
http://www.itmedia.co.jp/bizid/hitori_index.html
これを読んで、私もプログラミングをやってみたいと思いましたが、先ずHTMLとCSSですね。






人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2007年12月06日

チンパンジーに人間が負けた

チンパンジーの短期記憶能力は成人を上回る場合があるという研究成果が発表されたそうです。
画面上のマス目に瞬間的に表れる1〜9までのアラビア数字の位置を覚えて、後でマス目に表示された数字を若い数字から順番に押していくという短期記憶能力テストを、3匹のチンパンジーと10名程の成人に対して実施。その結果、こうした単純な短期記憶能力においてはチンパンジーの方が正確に記憶できるというばかりでなく、チンパンジーの方が早く回等できるという事実を突き止めたと述べている。
更に、マス目に表れる数字の表示時間を最短の210ミリ秒にまで短縮した場合、成人の被験者は誰も数字を覚えることができなかったのにも関わらず、3匹のチンパンジーの中の「アユム」に関しては正確に記憶することができた上に、記憶を10秒以上も維持することができるなど、『「チンパンジーの子どもの記憶力が、人間のおとなよりも優れている」ことが証明されました』と結論付けている。
ヒトが短期記憶能力の領域に関してチンパンジーよりも劣るという実験成果に対して、仮説として、ヒトは進化の過程で脳内で言語中枢の能力向上を優先させたために、短期記憶能力に関しては逆に能力が衰退してしまったのではないか、という考えと、テストの結果、「アユム」の母親の成績が被験者となった大学生よりも悪かったという事実から、「アユム」で見られたこの種の短期記憶能力の優秀さは子供特有の能力に起因したもので、大人になると共に失われるものではないか、とする考えの2つを紹介している。
人間がチンパンジーに負けたというのも、驚きですが、チンパンジーがこのテストに対応できることにびっくりです。







人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 時事

2007年12月02日

脱力系サイト

押川剛のK点越え
http://takeshi-oshikawa.seesaa.net/
へたうま系のイラストと短いセンテンスで構成された楽しいサイト。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?― あるいは、お金持ちになれるたったひとつのクールなやり方


外資系投資銀行に勤務しているクオンツが書いた投資本です。
現代ポートフォリオ理論のシュールな結論として、インデックスファンドを買ってパッシブ投資をしろという身も蓋もないことを書いていますが、真実というものは、そもそも身も蓋もないものです。






人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2007年12月01日

「力」が欲しい……どの力?

トレンドサーフィン
http://searchranking.yahoo.co.jp/trend/07113001
努力で何とかなるものから、お金で買えないものまで、検索数の多い「○○力」をご紹介。書籍に端を発した「鈍感力」が上位にくるあたり、現代人の悩みを象徴してる? 圏外には「記憶力」や「ジャンプ力」「コミュニケーション能力」「目力」など。あなたが欲しい力はなに?

「○○力」ランキング
集計期間:2006/11/30〜2007/11/29 今回は除外しましたが、この時期欲しい? 「ウコンの力」も検索されてます
1位 視力
2位 鈍感力
3位 威力
4位 集中力
5位 握力
6位 そうじ力
7位 超能力
8位 動体視力
9位 免疫力
10位 単語力

視力が1位なんですね。最近ではレーシック等の手術で視力が取り戻せるようになっていますが、そういう手段を使わずに正常な視力を取り戻したい人も多いんでしょうね。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事