2008年08月28日

大金持ちをランチに誘え! 世界的グルが教える「大量行動の原則」



「思考」よりも「行動」

できない ⇔ やる
うらみつらみ ⇔ 感謝の気持ち
同情を求める気持ち ⇔ 何かを成し遂げたいという思い
「不公平」とくよくよ考える ⇔ チャンスを探す
受け入れる ⇔ つくり出す
「もしかしたら明日は……」 ⇔ 今やる!
引きこもり ⇔ 参加
落ち込み ⇔ 小さな成功であっても喜ぶ

他人に頼って〇〇になろうと思っているかぎり、いつまでたっても〇〇にはなれませんよ。

稼げるプロになるための速習七則
1 業界誌・専門誌のバックナンバーを最低一年分読むべし
2 業界誌・専門誌の広告に問い合わせを出すべし
3 当該分野の第一人者、成功者、有名人を探すべし
4 「大御所」たちの書いた本を探すべし
5 業界団体やクラブに参加すべし
6 ワークショップ、セミナーに参加すべし
7 周到な下準備をなすべし

行動で自らの限界をはねのける

不安や心配事に対する唯一の対抗策は、自ら動くことなのである。

まず感じ、それから考える

「みなさん、起業家といえば、危険覚悟で飛び込んでいう無謀な人というイメージを持っていますが、実際にはそうではなくて、実はリスク管理をする人なんです」。

「情報」、「助言と人脈」「決断と行動」

大量行動の原則
「行動の最大化」こそが最大の成功を生む
やれることをすべて「同時に」やる

「あきらめない」は最強の力

成功に到る唯一の法則
行動あるのみ!
Just Do It.
ナイキ








人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2008年08月23日

富と成功をもたらす7つの法則―願望が自然に叶う実践ガイド


沈黙を実践するということは、ある一定時間をただ「在る」ことに費やす、と自分で決めて取り込むことです。

自分の望むものを得るもっとも簡単な方法は、他の人が望むものを与えることです。

選択するときはいつでも、自分自身に「私が行うこの選択の結果ほどうなるだろう?」「私が今行っているこの選択は、自分と自分の周囲に満足や幸せをもたらすだろうか?」という二つの質問をします。

今日私は、人々や、状況や、環境や、出来事を、起こったとおり受け入れます。

「今この瞬間の意識」を実践し、現在をあるがままに受容し、自分のもっとも深いところで大事にしている「意図と願望」をとおして未来を創造します。

執着しないで手放した状態で、不確実性を受け入れます。

「自分はどうしたら、もっとも人類の役に立つことができますか?」





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2008年08月22日

だらしない人ほどうまくいく


だらしな系の効用
柔軟性:状況に応じてカスタマイズ
完全性:何でも取り込む懐の深さ
共鳴性:外部との調和
創造力:クリエイティブな無秩序
効率性:急がば回れ
たくましさ:オールマイティーな力

〈だらしなさ〉の最適レベルの匙加減
現状よりも少しだけ〈だだしな度〉をあげてみて、状況が改善されたかどうかを見る。改善されていたら、さらに少しだけ〈だらしな度〉をあげる。それを何度か繰りかえし、状況が悪化したと感じた時点で、ほんの少しだけ〈きっちり度〉をあげる。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2008年08月21日

大金をつかめ!―巨万の富を築いた成功者レンの物語


お金を儲けるということは、人が価値と考えることをすること。

喜びのテスト
楽しまないかぎり、お金を儲けることはできない。

仕事をしているときの強い目的意識が大切。

ビジネスは、顧客が商品を使うときに発生する。

ビジネスは、顧客が楽しんで使うときに成功する。

目的のテスト
お金儲けが楽しむことよりも、重要でなければ、お金を儲けることはできない。

お金儲けの楽しさの方が、ビジネスの楽しさよりももっと大事である。

創造性のテスト
収入から経費を差し引いたものが利益となる。

金儲けの成功者たちは一番大切なことに貴重な時間を使う。それは収入をつくりだすこと。

お金の儲けの秘訣とは「つくりだす」こと。

最後のテスト
本当の豊かさは、他人を助ける者に訪れる。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2008年08月14日

あやしい商品が売れる、ごくまっとうな理由。


潜在的な不安を提示すれば、解消する商品が売れる。
消費者の表に出ていない潜在的なニーズ(願望)をつかみ、それを満たす商品やサービスを提案するのがマーケティングの仕事。
裏のニーズは「正当な言い訳」で罪悪感を消す。
何をどのように提案すれば、「必要だ」「欲しい」と思ってもらえるのかを常に考えることが大切なのです。
伝わらないことは存在しないこと。
買い物に女は「快楽を求める」男は「成果を求める」





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | 書評

2008年08月12日

「その他大勢」から一瞬で抜け出す技術 過小評価されているあなたを救うスピード・ブランディング


社会が求めている行動をとることで、あなたの「売値」はかならず上昇する。
高く売りたいなら「ブランド」になれ!。
「人からどう思われたいのか?」を考える。
場を提供する側になる。
小さな世界のナンバーワンになる。
自分を引き上げてくれる人を探せ!。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2008年08月11日

ダメなら、さっさとやめなさい! ~No.1になるための成功法則~


「世界で最高かどうか」ということは、自分の考えや知識をもとにして、「今の自分にとって最高かどうか」「自分に関わりのある世界で最高かどうか」ということ。
続けるのかやめるのかを見極めることが大事。
世界の頂点に立てない七つの理由
1・途中で時間切れになる(そしてあきらめる)
2・途中で資金が底をつく(そして引き返す)
3・途中でおじけづく(そして逃げ出す)
4・はじめから本気でなかった(そして投げ出す)
5・興味や熱意が冷め、「ほどほどでいい」と割り切る(そしてやめる)
6・長い目で考えずに、目先のことばかり気を取られる(そして、目の前に大きな困難がたちはだかると、引き下がる)
7・間違った分野で頂点を目指そうとする(自分に才能のない分野を選んでしまった)
調査によれば、顧客の80%は7度目の商談で買うことを決めるという。
自分が誰に対して、影響を与えようとしているのかを考える。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2008年08月10日

好きなものを先に食べてしまう人は成功しない


嫌いなことをパッパッと処理してしまって、一番最後に好きなものを残しておけば最後までモチベーションが下がらない。
限りある人生の時間に切迫感を持たせて、嫌いな業務を最優先でテキパキこなすことさえできれば、驚くほど簡単に自己実現できる自分を発見できる。
自分でコントロールできることだけに全精力を傾注する。
報酬者(真の顧客)が誰かを理解して、その報酬者(真の顧客)に満足感を与えることこそプロフェッショナルの証。
脳はあらゆる技能をマスターするようにできている。
業務に優先順位をつけて不必要な業務を排除する能力と仕事をできるだけ効率よく処理する能力がビジネスマンにとって最も重要な要素。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2008年08月09日

TIME HACKS! 劇的に生産性を上げる「時間管理」のコツと習慣


やるべきこととやらなくていいことを分ける
今日やるべきことを、ちゃんと今日やる
時間簿をつけて、総時間のうち、どれだけ時間を活用できているかを見る
「幸福な時間」「充実した時間」を感じられる状態をいかに実現するかというためにハックはある







人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評