2009年02月28日

買い物する脳―驚くべきニューロマーケティングの世界



商品を小道具として映画内に配置して宣伝するプロダクト・プレイスメントは本当に有効なのか?(→答えは、条件付きのノー)

ブランドのロゴはどれくらい強力か?(→ロゴ単体よりも、匂いや音のほうが強力)

サブリミナル広告は存在するか?(→存在する)

世界の主な宗教は、われわれの購買行動に影響を与えているか?(→与えている)

免責事項や健康上の警告にはどのような効果があるか?(→抑止よりもむしろ促進させる)

性的な広告には効果があるか?(→あるとはかぎらない)

私たちは番組のストーリーにとって重要な役割を果たしていないブランドは覚えていない

私たちはiPhoneやハーレー・ダビッドソンといったおしゃれな商品を、主に社会的地位を高めてくれるかどうかという基準で評価している

儀式はブランドと商品の感情的な絆を生み出し、購入する商品の印象を高める

著名な宗教に共通の10個の柱
1・ 連帯感
2・ 明確なビジョン
3・ 敵に打ち勝つパワー
4・ 感覚へのアピール
5・ 物語
6・ 雄大さ
7・ 布教
8・ シンボル
9・ 神秘性
10・ 儀式


ブランドロゴよりも、匂いや音のほうが効果が高いということですが、女性誌の広告で香水の匂いを紙面に添付してあるのを思い起こしました

自分の好きな匂いを使って、仕事のやる気を増幅させるルーティンを組み込むのもおもしろいかもしれませんね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2009年02月26日

ブログ魂―これにて免許皆伝!



ブログ創りは自分創り

「人脈の1人目は自分」です
自分が人脈として価値ある存在になることから人脈作りはスタートします

ブログと長く付き合う10のポイント
1. モチベーションを点検する
2.マイルールを作る
3. ギア・チェンジする
4.習慣化する
5.身の丈を知る
6.義理コミュニケーションに縛られない
7.クリックしあうコミュニケーションを目指す
8.お互いのペースを尊重する
9.気分の波を知る
10. 生活のバランスを取る


長く続けるためには自分の可処分時間に合わせたペース配分の最適化を図る必要があると思います

時間管理は外的要因ですが、最も難しいのは、内的要因であるモチベーションの維持だと思います






人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2009年02月22日

神が望むこと━━━実は、願望実現のための本です



ひとはどんな人生を創り出すかという選択肢もっているし、いまの人生でどんな経験をするかという選択肢もある

抽象的な事柄についての考え方が、日々の具体的な経験に影響し━それどころかその経験を創り出し━ているのである

決断しないというのも決断である

自分のことすべてについて、意識的に選択したほうがいい

ひとの行動を生み出すのはそのひとの信念だ
したがって行動のレベルではなく信念のレベルでこそ、行動を根底的に修正することができる

自分が経験したいことだけを考え、現実にしたいことだけを語り、自分の「いちばん高い現実」として提示したいことだけを行動にすればいい

何かが欲しくなったとき、それを手に入れたらどう感じるか考えよう

ある気持ちを自分の内側で創り出すと、それに応じたことを外部的な出来事としても創造できる

心のなかで何かを描き、それがすでに実現されたものとみなしてそれにともなう気持ち、感情を自らに体験させれば、実際にそれを創造できる

あなたの感じていることがあなたの内的な現実を創造し、内的な現実が外部的経験を創造する

どう感じるかを意識して選択することができる

それでどうしようか?

ある出来事について自分がどう感じることを選択するかを意識して決める
その感情を(意図的に選んだにしても、そうでないにしても)どんなふうに「表現する」ことを選択するかを意識して決定する

自分の意志に関心を向ける

いまある現実と闘っても、ものごとを変えることはできない
何かを変えるためには、いまのモデルが無用になるような新しいモデルをつくろことだ
R・バックミンスター・フラー


日本人には、一神教の神には、なじみが少ないので、神について書かれていることに関してはあんまりピンとこない部分もあると思います
しかし、後半部分は、自分の望む現実を創造する方法に関して触れられており、大いにに参考になると思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2009年02月19日

ディープWebを浮上させろ!―アクセス数を10倍にするWeb2.0の次の波



サイトを静的化させれば、ロングテール収益を実現させることが出来ると筆者は主張しています

グーグルやヤフー等の検索サイトに出来るだけ多くインデックスされるには、サイトの静的化が必要であるそうです

アクセスアップに関心のある人は、読むと良いと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2009年02月15日

前世の癒し 隠された私を知るスピリチュアル・メッセージ



セル・メモリーとは、細胞の記憶のこと

エントリー・ポイントとは、セル・メモリーをつくった最初の出来事が起こった瞬間のこと

前世のすべての痛みと否定的なものを聖霊の白い光の中に手放す祈りでセル・メモリーのネガティブな記憶を消去する

この世で生をもつ前に、これから生きる人生についてチャートを書く
その中には、自分自身に課した目標を成しとげるために直面しなくてはいけない障害のすべてが含まれている

最も勇気のある、並外れたたましいのみが深刻な難問を自分に課す

何度もこの世に肉体をもって生まれてくるが、それは必ず何かを学ぶという目的と意図を持っている


私は、輪廻転生を信じていて、過去の記憶が現在の自分に影響を与えていることはあり得るだろうと思っています

因果関係がはっきりしていなくとも、結果として役に立つなら取り入れた方が有利だと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2009年02月14日

SEで成功する人 ただのSEで終わる人 ―ITキャリアで勝ち残る7つの法則



成功法則1 左脳を生かすシステム思考を身に付ける
成功法則2 右脳を使って直感力を伸ばせ
成功法則3 ビジネス関連の知識を増やせ
成功法則4 コミュニケーション・ケア実践マニュアル
成功法則5 プレゼンテーション力━自分の意見を的確に話せ
成功法則6 自分のやりたいことを大切にしろ
成功法則7 ITキャリアを語り合える仲間をつくれ

他人とは違う「何か」に気付き、それを意識的に強化して差別化するという「非常識」な行動に出た結果、成功した、と考えるべき

1.環境は必ず変化する
2.環境に適応できないものは、生き残れない

優れた科学者の行っていることをモデリング(=パターン認識)すれば、考える力は必ず向上する

「目前の課題に対して、より多く時間をかけて考え抜く」ことに焦点を当てる


「考える」時間を持つというは大切ですね
毎日、計画を立てる、レビューをする等に、一定の時間を割くことは有効だと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 02:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2009年02月13日

エネルギーバス―人生と仕事を変えるポジティブ・エネルギーの法則―



人生と仕事を変えるポジティブ・エネルギーの法則

1 自分のバスの運転手は自分である
2 バスを正しい方向に導くには、「情熱、ビジョン、集中力」が必要である
3 バスをポジティブ・エネルギー燃料でいっぱいにしよう
4 バスに人を招待しよう
5 バスに乗らない人にエネルギーを浪費しない
6 エネルギーの吸血鬼は搭乗禁止
7 乗客を夢中にさせるエネルギーをふりまこう
8 バスの乗客を愛そう
9 目標をもって運転しよう
10 バスに乗っているあいだは楽しもう

感情(E-motion)は、エネルギー(E-nergy)の動き(motion)です

ネガティブなことやネガティブな人たちさえも、自分自身が何を願っているかをわからせてくれる


私がこの本で中で印象に残った言葉に、「CEOは、最高エネルギー責任者(Chief Energy Officer)」というのがあります

一般に、CEO(Chief Executive Officer)」は最高経営責任者と翻訳されていますが、最高エネルギー責任者という喩えは良いと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2009年02月12日

見積もり2億円のIP電話を820万円で構築した秋田県大館市から学べること

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20090209/324420/?ST=oss&P=1

このような事例を見ると、個人や組織が「為すべきことを為す」ということの大切さが分かります

重要なことじ取り組む真摯な姿勢が求められているわけです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事

2009年02月10日

PDCAサイクルを管理できる無料の付箋ソフト

ワイズシステムは、USBメモリに入れて持ち運ぶことのできるフリーソフト「PDCAデスクトップ付箋」を発表。同社のWebサイトにて配布を開始、動画によるデモも紹介されている。

「PDCAデスクトップ付箋」は業務管理のためのマネジメントシステム「PDCAサイクル」の概念に沿って、1枚に「計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act)」の4つの記入欄が用意された付箋ソフト。プロセスの進捗に合わせて項目を記入していくことで、業務管理や自己管理に役立てることができる。重要度や色の設定ができるほか、それぞれの付箋に期日を設定し、期限前日に「お知らせメール」を送信できる。

また、ダウンロードしたプログラムは解凍されたフォルダから実行することが可能。USBメモリ等に入れて持ち運べば、別のパソコンで起動しても直前の状態で付箋を表示。プログラム起動時にはパスワードを設定できることに加え、データは常に暗号化された状態で保存されるため、持ち運びにおいても必要最小限のセキュリティが確保されている。

同ソフトから同社の情報整理・共有ASPサービス「見えると! PDCAマップ2」(有償)に付箋のデータを送信し、グループで共有することも可能となっている。

ワイズシステム


記録を取る、見える化する、仕組み化する等を始めてみたいという人にいいツールだと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己啓発

2009年02月09日

S&Pケース・シラー住宅価格指数が上昇に転じないと株式市場も上昇しないだろう

S&Pケース・シラー住宅価格指数とは、S&Pが発表している指数で、一戸建て住宅の販売価格の推移を2000年1月時点が100の設定で米国の主要な10および20都市を対象として毎月算出されています。全米指数は3か月ごとに算出されています。

先物市場は2010年5月から2011年5月に底入れを示唆しています。

マーケットは、今回のサブプライムローン問題に端を発する金融危機、経済危機を脱して住宅価格が反転するのに2、3年を要するとしていることになります。





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2009年02月08日

社長は知っている



仕事の目的は利益、事業は手段にすぎない キヤノン 御手洗冨士夫

計画とは将来に対する意思である セコム 木村昌平

才能と運と努力は三位一体だ 吉本興業 中邨秀雄

方法論を抽象化して身につける 富士通 関澤義

ゴマをする人間が偉くなる 全日本空輸 普勝清治

もとをなおさなければ再発する トヨタ自動車 張富士夫

人間として何が正しいか 京セラ 稲盛和夫


仕事に対する考え方が凝縮されていますね
私は、「計画とは将来に対する意思である」と「才能と運と努力は三位一体だ」が気に入りました





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2009年02月07日

脳に効く!カフェイン&アルコール



動物にとって、生き残るチャンスを増大させる行動と、減らしてしまう行動とを区別することはきわめて重要である

意図的な飲み方をしようとしている

「汝自身を知れ」「適度が最善」


あとがきが示唆に富んでいると思います
アルコールとカフェインを自分の意図に応じて摂取量を変化させるということだそうです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2009年02月05日

まっとうな経済学



誰もが自分の利益のために行動している

経済学とは、物事がどのような仕組みで動いているか、物事を変えたらどのようなことが起こりうるのかを明らかにする学問である

希少性がなければ企業が力をもつことはなく、その希少性は、多くの場合、私たち自身の怠惰から生じるものである

主観的な価値を評価するには人びとが実際にどう行動しているかを見るとよい

経済学とは、誰が、何を、どのような理由で手に入れるのかを知るための学問だ

経済学者の仕事は合理的な行動を研究すること

株式市場は「トレンドのあるランダムウォーク」を示す

ゲーム理論における「ゲーム」とは、相手の行動に対する予測がみずからの意思決定に影響を与えるあらゆる活動をさす

問題の重要性がわかりはじめれば、問題に対処できるようになる


経済学が世の中のあらゆる事象を説明できるわけではありませんが、理屈ではこうなっているらしいということを知っていた方が、やはり有利だと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評