2010年12月28日

書評 感想 あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法



他人の中に何か嫌なものを見つけたら、それはあなたの中にもある

愛しています
ごめんなさい
ゆるしてください
ありがとう



たった4つのフレーズを唱えるだけですべてが好転し、幸せになることができるというメソッドです
これで浄化できるのであれば、簡単でいいですね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2010年12月25日

書評 感想 売れる「じぶん」を作る



キャリア設計     経営学の基本
人生の目的      経営理念・ビジョン・中長期目標
自分の強み・弱み   コア・コンピタンス
道を切り開く     基本戦略
認められる技術    マーケティング/ブランド
行動力        組織力・現場力

何をなすべきかの〈WHAT〉を考える

メンタル・モデル
指針となる考え方、解釈の仕方

バランス・スコアカード
戦略やビジョンを4つの視点で捉え、それらの因果関係を明確に示す
財務
顧客
社内ビジネス・プロセス
学習と成長

競争優位のための模倣困難性

Do Better
「より良く」で効率化をもたらす
Do Different
「違うやり方」で新たな価値を生み出す

仕掛かり品を作り、行動を始めるまでの悶々と逡巡する時間を減らし、スピードアップにつなげる

ルールの設定、仕組みの構築
影響力を高めるために先手先手を打つ

ビジネス・アーキテクチャー
全体最適を目指すのか、部分最適を目指すのかといった方針

思考の見える化、行動の見える化

人はフィードバック(振り返り)によってのみ成長する



何かをしたら、結果を検証することが必要であり、やりっ放しは成長の機会を逃すということだと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2010年12月13日

書評 感想 アラジン・ファクター 願いをかなえる成功のランプ



君ができると臣っていることを聞いているんじゃないんだ
聞いているのは、君が本当に欲しているのは何かということなんだよ

今までと同じことを続けるのであれば、今までと同じ成果が出続ける

何が役に立つのかを知り、それを実行する
何が役にに立たないのかを知り、それをやめる
新しいことを試してみて、どれが役に立ち、どれが役にたたないのかを見極める
そして、その中で役に立ったものを毎日の習慣にする

今日頼まなかったもので、ほしかったものは何だろう?
もし、頼んでいたら、私を助けてくれたかもしれない人は誰だろう?
今日、私がほしいものを手に入れるためには、どこで頼めばよかったのだろう?
どうすれば、もっと効率的に頼めたのだろう?
それぞれの場面で、行動をどう「修正」すれば、望み通りになっていたのかを思い浮かべる

成功するための一番の近道は、すでに成功している人たちと時間をともにすることである

至上の喜びを追求すれば、ほかの誰にも開かれなかった扉が汝の為に開かれる
ジョセフ・キャンベル

もしあなたが、死ぬところから普通と逆方向に人生を生きるとするなら、その最初のお墓には何と刻まれていますか?
マザー・テレサ

あなたが生きる目的は何ですか?
もし失敗しようがないとするなら何をしますか?

私には、ほしいものを手に入れるためなら何でもする覚悟があるだろうか?
ほしいものを手に入れようとするとき、何かそれよりも大事なものがあるだろうか?

私が理想とするあの人なら、この問題にどう対処するだろう?
私の人間性の善なる部分や才能に恵まれた部分、知的な部分は、この問題にどのように対処するだろう?

私は何の専門家になりたいのだろう?

聖ペトロの質問
あなたが生きている間、どのように愛をはぐくんできましたか?
あなたの人生を通じて、どのような教訓を得ましたか?

個人の知識
他人の知識
宇宙の知識



本の中で、次のようなエピソードが載っています
ジャック・キャン・フィールドとマーク・ヴィクター・ハンセンは年収100万ドルですが、アンソニー・ロビンズは年収5000万ドルだそうです
桁が違いますね
うーん、すごい、すごすぎる





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2010年12月12日

書評 感想 出版で夢をつかむ方法



好きなことをやる

心からすきでやりたいことを最優先させる

出版は最強のセルフブランディング法

自分の使命に絡めて世界で一つだけのオンリーワンを目指すこと

はじめに言葉ありき

読者からの感想はお金に代えられない「心の報酬」

心理学者のケビン・ホーガン博士の「OUTCOME-BASED-THINKING」(結果を想定した思考)
「自分は今、この行動で何を手に入れたいのか、最終的に何をしたいのか?
この行動はそんな自分の目的達成に向けて一貫性のあるものだろうか?」

あなたがやることは、今この瞬間からポジティブに生きる決意をする、そしてそれに則した行動をとる、この2つだけです

フォード・モーターの創業者ヘンリー・フォード
「本人ができると思えばできる
できないと思えばできない
どちらにしてもその人が思ったことは正しい」

まず自分の核となることを見つけだし、それに磨きをかける

「出版からつながる何を実業として稼ぐか?」という着地点を見出し、自分自身はどういうポジションで売り出すか深く考えてから書く

まず自分の器を大きくして、エネルギーの量と質を増やす

過去のベストセラーを調べることができるサイト
日本著書販促センター



本を出版するということは、全国の本屋さんに、自分のためのセールスパーソンを配置することになると思います
名刺を配る、自分の分身を持つ効果が得られるということです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2010年12月11日

書評 感想 STATIONERY HACKS!



本の中で紹介されていたもので、興味があるものを一つ

音声入力ソフト「AmiVoice SP」




1分間に200文字相当の文章を入力することができるそうです
大抵の人の場合、音声入力の方が速いでしょうし、手や腕や肩にかかる負担を考慮すると、キーボード入力よりも優位性があると思います
文書作成量が多い場合は、音声入力も考慮の対象になるかもしれません

いい文房具が手元にあると、いい気分で作業ができるので、うれしくなります

私のおすすめは「マルマン B2 スケッチブック」です


縦728mm×横511mmの大きさなので、GTD・ブレーンストーミング・マインドマップに便利だと思います
紙面が大きい方が、思考の制限がより取り去られるので、効果が高いというわけです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2010年12月10日

書評 感想 何もしないで月50万円! 幸せにプチリタイヤするための手帳術~シンクロニシティが起きれば、最短距離で成功できる!~



プチリタイアのシステムを作り上げるまで、朝から晩まで一日8時間〜12時間は、家で地道な作業をしていただけです

「誰がなんと言おうと、自分で自分を信じる!」と心に決めていた

成功した人たちと、普通の人たちの違いは、「身のまわりに起こる偶然の意味に、いかに気づくことができるか」、ということである

手帳に、新月と満月を書き込む

新月にプロジェクトをスタートして、満月の時に、ピークを迎えるようにする

尊敬する人のことを隅から隅まで知り、自分に取り入れることが、あなたの望む成功者になる一番の近道なのです

毎日、目標を2つ書く



「目標を強く意識すること」が大切なんだと思います
そのために、手帳をツールとして使うということですね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2010年12月09日

書評 感想 レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則



シンプルな原理・原則を徹底的に追求する

「時間を投資する」とは、「仕組み」をつくるたみに時間を使うこと

「仕組み化」とは、別の言葉で言えば、再現性を持たせること

「タスクリスト」とは、「成果を上げるために、今、必要な仕事」のリスト

面倒なこと、苦手なことこそパターン化する

Doing More With Less
少ない労力でより多くの成果を

ゴールからの俯瞰逆算スケジュールを組む



時間割りをつくって生活していくと、ある程度の期間で検証した場合、ムラが減り、生産性が向上すると思います
必要なことをやり、不必要なことをやらないということは、あらかじめ計画を立てておかないと難しいと思うからです
衝動的に過ごすと安易な方に流れることが多いと思います
何をするかをその都度決めないで、予め決めておくということがポイントだと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2010年12月04日

書評 感想 弁護士が書いた究極の文章術―誤解なく読み手に伝える書き方のヒント28



キーワード
その文書で一番いいたかったこと

一文を短くする

構成段階でその文書の完成図をイメージしておく

著者が勧めていた参考文献を載せておきます

書く技術・伝える技術―目からウロコのビジネス・ライティング (スーパー・ラーニング 7)

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

「超」文章法 (中公新書)







人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2010年12月03日

書評 感想 残業をゼロにする「ビジネス時間簿」



「やるべきこと」を最初にやると、「やりたいこと」ができない

気が重くて、できればやりたくないが、やらなければならないことリストを作成する

「いやな気分」のときは「気が重いこと」をやる



気になっていること、やるのに抵抗があることが将来の大きな成果につながる場合が多いと思います
自分にとって、大事なこと、大切なことは、実は本人がわかっているというのがその理由です





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評