2011年10月27日

NLPの実践手法がわかる本



NLPの基本前提

地図は実際の現地ではない

私たちが現実を体験する方法を変化させる能力は、現在の内容そのものを変化させることよりも効果的であることが多い

人は効果的な変化のために必要なリソースをすでに持っている

誰かにできることなら、他の人(あなた)にもできる
あとはやり方を知るだけ

心と身体は有機的なシステムである

何も選択しないよりも何かを選択をしたほうがよい、何でもいいから

失敗はない、フィードバックがあるだけ(すべての結果は何らかの達成である
ただ、与えられた課題や内容について望んだものか、そうでないかが違うだけ

すべての行動には、肯定的な意図がある
そうて、すべての行動には役に立つ場面がある


8フレームアウトカム

あなたのほしい結果は、具体的に何ですか?

成果が手に入ったらどのようにわかりますか?

成果は、いつ、どこで、誰と創りますか?

それを手に入れると、どのような影響がありますか?

あなたがすでに持っているリソースは?
成果を手に入れるためにさらに必要なリソースは?

現在、成果を手に入れるのを止めているのは何ですか?

成果を手に入れることはあなたにとって、どんな意味がありますか?

では、初めの行動は?
まず、何から始めますか?



人間は、自分の望む「身体感覚」を欲しているということが理解できました





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2011年10月23日

望む人生を手に入れよう―NLPの生みの親バンドラーが語る 今すぐ人生を好転させ真の成功者になる25の秘訣



幸せを感じる習慣を育てる



自分自身をコントロールするためのツールとして「神経言語プログラミング」が有効だということが
実際に試してみると実感できます





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2011年10月22日

弾言 成功する人生とバランスシートの使い方



考えるための時間を確保せよ

週40時間以上働かないようにしよう

自分が自由に使える「無記名の善意」に気づけ

「考える」とは、自分が勝てるゲームを作ること



時間給から収穫逓増給へ移る方法を「考える」ことを勧めているのですね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2011年10月18日

ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則



状況を少し手直しする

状況を異なる視点から見る

状況の意味付けを変える

いかに反応するかは、自分の選択次第である

今いる状況にポジティブな意味を見出す

よいことは十分に味わう

恵まれている点を数える

自分のした親切を認識する

好きなことに夢中になる

将来を夢見る

自分の強みを活かす

他者との絆を作る

自然とのつながりを持つ



ポジティビティは強さよりも頻度が重要だそうですので、ちょっとしたことにでも気付いて感謝するといいと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2011年10月16日

「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法~思い通りに自分を動かす4つの法則~(CD付)



できないことはできない
だから、できることをやる
ないものはない
だから、あるものからスタートする

私は実現することを言葉にする



凡事徹底、コツコツやるということなんでしょうね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2011年10月15日

ハーバードの人生を変える授業



ちょっとしたことでもいいので、毎日、感謝できることを5つ書く

あなたは、自ら受け入れて、行動の規範としている情報を体現しているだけだ
取り巻く状況を変えるには、考え方とそれに基づく行動を変えなければならない



自分の置かれている状況の解釈を、目指す方向に相応しいものに変更させることが必要だということですね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2011年10月10日

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術



「仕組み」とは「誰が、いつ、何度やっても、同じ成果が出せるシステム」のこと

「作業系」と「考える系」を分ける

その都度ゼロから始める無駄をなくす

「仕組み」が遂行される「仕組み」をつくる

楽することにこだわる

「その仕事を一番楽に、一番速くやるにはどうすればいいか」を考える

うまくいっている人の真似をする

自分を動かすルールは、自分でつくる

才能とは、努力を継続する力である



考える時間を増やし、生み出す付加価値を増やすために、作業系の仕事を仕組み化する必要があるわけですね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2011年10月01日

瞑想入門―自己発見へのいざない



なぜ瞑想するのか
日常生活をとても効率的に送れるということ
実在に対するもう一つの見方を獲得するということ



今まで、何度か瞑想を続けていた時期があったのですが、この本を読んでから、瞑想を再開しています
瞑想するメリットが大きいと納得したからです
瞑想しないデメリットが大きいとも判断したからです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評