2012年09月30日

40歳から人生が上向く「自分サイズの成功」の見つけ方 ―スーパーカー世代がもう一度夢を取り戻す瞬間!



すべての物事に対して、自分がベストを尽くしたかどうか?
自分自身が納得できるかどうか?
そういう基準、一つの物差しを持って行動する

自分でコントロールできる仕事をする
エンドのお客さん、つまり決済権者、お金を払う人からの直接の仕事以外は請けないようにした



自分のできることに集中するということは、自分自身の行動の選択肢を考えるということですね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2012年09月25日

いい仕事ができる人の考え方



職業人の重要な能力のひとつは「状況対応力」、そして「状況創造力」

よい商品・サービスは「おすそ分け」したくなる

「財」はその希少性・独自性から代替がきかない

才能の王様は「持続する力」

「知っている」「わかる」「できる」「教えられる」

何かに興味関心を抱いて、そこに行動で仕掛けているかどうか

何かを成し遂げている人の行き方に関心を持つ

「おおいなるもの」を感じ取る

よい仕事とは哲学的・宗教的な体験である



仕事というのは人生の大きな部分を占めるので、突き詰めていくと、哲学や宗教の問題にもなるのですね
振り返った時に、なるべく満足度が高くなるためには、どうしたらいいのだろうか?





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2012年09月23日

「結果を出す人」の仕事のすすめ方



実行するためのアクションリストを上手に組み立てる

本に書かれた誰かの成功したアクションを自分の置かれた状況に合わせて実行してみる



本を読んで得た知識や概念を自分の環境に最適化させて試してみることが大切なわけですね
200冊のブックガイドとしても楽しめました





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 書評

2012年09月22日

幸福の計算式 結婚初年度の「幸福」の値段は2500万円!?



経験が豊富のあれば直感に頼って決断したほうがいいが、経験がまったくない、あるいはほとんどないような状況に関しては、感情だけに頼らないことが重要である

幸福とは私たちが考えているような流れではなく、かなりの期間貯蔵しておける喜びの感情の蓄えである

お釈迦様は、過去にこだわるな、未来を夢見るな、現在の心に集中しなさいとおっしゃいました
この世ははかなく、幸福にしてくれるものにしがみつけば、将来、不幸になります
心がすべてなのです
考えた姿にあなたはなるのです

欲望が苦しみを生むこと、幸福とは必要が十分に満たされた心の状態にしかすぎず、心は努力と時間を費やせば鍛えられるものである



あらゆる欲望を無くしていくとどうなるのでしょうか?
生きる意味があるのでしょうか?
生きる意味も問わなくても生きていけるのしょうか?
よくわからなくなってきました





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2012年09月07日

就職のことをいろいろ考えすぎて面倒くさくなったあなたへ



誰も信じてくれなくても、自分のアイデアを信じること

粘り強さ
拒絶に負けないこと

リスクを引き受ける
不安定を恐れないこと

適応力
主体的に取り組み、解決策を見いだすこと

ネットワークづくり
人が多いほどチャンスも増える

持久力
心と体をアクティブにしておくこと



秘訣は、勤労精神と自制心のようです
どのようにして身に付けましょうか?





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2012年09月02日

非才!―あなたの子どもを勝者にする成功の科学



世界に通用する水準のパフォーマンスは、少しばかり手が届かないところにある目標に向けて、そのギャップの埋め方をはっきりと意識して努力することで得られる

目的性訓練
少しばかり力がおよばなくて実現しきれない目標をめざしてはげむこと

傑出とは、快適な領域から踏み出し、努力の精神をもってトレーニングにはげみ、艱難辛苦の必然性を受け入れることにかかっている

すべては、成功にためにどれだけの対価を払う気があるかという問題に戻ってくる

言葉が真実ではなく、特別な心のもちようを維持することに向けられている

自分の意思で、信念を変える

証拠をものともせず、ときにはそのほかの深い信念にかかわらず信じるのも、われわれの能力である

天才というのは練習をまったく苦痛に思わず努力し続けられる人

才能というのは労せずして努力できる能力



努力する対象・範囲を何に絞りましょうか?





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評