2016年03月31日

シリコンスチーマー タジン鍋

グリーン×イエロー


オレンジ×イエロー




電子レンジで調理するときに、とても重宝しています
ジャガイモを蒸して、マヨネーズをかけて、夜食にしてます





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング

2016年03月24日

書評 感想 3ステップで稼げる文章術



伝わる文章を書く3つのステップ
ステップ1 設計図を作る
 1.What(何を:主張)
  1.得になること:読み手にどんな得があるのか
  2.新情報:読み手にとって新しいと思える情報
  3.好奇心:「何だろう?」「続きが知りたい」と思わせること
 2.Why(なぜ:根拠)
 3.How(どうやって:解決策)
ステップ2 材料を集める
ステップ3 文章を組み立てる

人が物を買うときは、次のような欲求から行動すると言われています
・得したい
・損したくない
・時間をかけたくない
・努力したくない
・痛みから逃れたい
・優越感を持ちたい
・仲間になりたい
・刺激が欲しい

効果的なセールスレターの全体構成
1.キャッチコピー
2.サブキャッチ
3.対象の絞り込み
4.ブレット(ブリット)
5.自己紹介
6.提供する理由・価格の提示
7.クロージング

「どんな行動をしたらいいか」をはっきり書いて、行動を促す



人が求める欲求を提供することが成功するための秘訣だと言われますが、
・得したい
・損したくない
・時間をかけたくない
・努力したくない
・痛みから逃れたい
・優越感を持ちたい
・仲間になりたい
・刺激が欲しい
上記のようなモノやサービスを提供できれば良いですね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月22日

GoogleのDeepLearningを始めとする機械学習技術の人工知能ライブラリTensorFlowのAPIを操作するためのプログラミング言語について

GoogleのDeepLearningを始めとする機械学習技術の人工知能ライブラリTensorFlowの主な部分は、
C++で開発されています

TensorFlowのAPIを利用するためのプログラミング言語は、Python、C++です
SWIGインターフェイスによりGo, Java, Lua, JavaScript, Rなどです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT

2016年03月21日

書評 感想 ソフトウェア開発の名著を読む 【第二版】



「ソフトウェア開発とは何か」あるいは「ソフトウェアエンジニアとはどうあるべきか」に関して、著者自身が少なからず影響を受けた名著10冊を紹介しています

ソフトウェアは「人」がつくる

プログラミングの心理学 25周年記念版




人月の神話【新装版】




ピープルウエア 第3版




デッドライン




実践する開発者

ソフトウェア職人気質―人を育て、システム開発を成功へと導くための重要キーワード




達人プログラマー―システム開発の職人から名匠への道




読みやすいコードを書く

CODE COMPLETE 第2版 上 完全なプログラミングを目指して




CODE COMPLETE 第2版 下 完全なプログラミングを目指して




プログラミング作法




新装版 リファクタリング―既存のコードを安全に改善する―




ビューティフルコード




先人を知恵を名著を読むことで、演繹的に取り込んで、実践してみて帰納的に身に付けるというサイクルはかなり効率の良い技術向上のための方法論だと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月20日

書評 感想 プログラミングの基礎



プログラミングの本質を理解したいならCかJavaから入るのがよい
CやJavaをマスターすれば、ほかの言語も比較的容易に理解できる

巻末の参考文献を載せておきます

プログラム言語を体系的に身につけたい






プログラミングの高度なテクニック、落とし穴などについて知りたい






UMLについて知りたい


デザインパターンを学びたい





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月19日

IBMの人工知能Watsonの画像認識APIを操作するために使用するプログラミング言語(プラットフォーム、フレームワーク)について

IBMの人工知能Watsonの画像認識APIを操作するために使用するプログラミング言語(プラットフォーム、フレームワーク)
Java
Node.js
Go
PHP
Python
Ruby on Rails
Ruby Sinatra





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT

2016年03月18日

健康のためにコーヒーを飲むときは、浅煎り豆と深煎り豆をブレンドしましょう

コーヒーは焙煎の仕方によって成分が変化します

浅煎りコーヒー豆の薬用成分
カフェイン
クロロゲン酸
トリゴネリン
糖分
アミノ酸

深煎りコーヒー豆の薬用成分
カフェイン
ニコチン酸
NMP(抗酸化作用)
香りの鎮静作用
褐色色素

コーヒーの成分を効果的に体内に取り込むためには、浅煎り豆と深煎り豆を1:1の割合でブレンドしたものを飲むことが良いですね

中細挽き / シナモンロースト(浅煎り)


中細挽き / フルシティーロースト(深煎り)





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヘルスケア

2016年03月17日

書評 感想 できるプログラマになる!”伝える”技術



頭脳労働とは一般的に、「ゴールを目指して、現在の状態を少しずつ改良していく」という作業である

過去の自分も未来の自分も、他人である
思考ログを残す

巻末に掲載されている参考図書を載せておきます
参考になる図書には2つのタイプがある
・知識を得る:ノウハウ本や教科書のような本
・刺激を受ける:プログラミングや仕事に対する意欲をかき立てる本




































人間は、良いことも悪いことも忘れてしまうので、成功したことも失敗したことも記録しておかないと自分自身に有効な知見(ノウハウ)が蓄積されないということだと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月16日

書評 感想 オレなら、3秒で売るね!



お客が自問自答している、4つの質問
質問その1:『あなたは、何を売りつけようとしているの?』
質問その2:『で、それっていくらなの?』
質問その3:『あなた、信用できんの?』
質問その4:『それって、私に、何の得があんの?』

『圧倒的なウリ』の3つの構成要素
1 高い費用対効果(ROI)
2 売り文句(Touchstone)
3 信頼性(believability)

俺が成功しているために最も大切だと思っていることがある
「これでもか、というくらい執拗で目的に沿った行動」



何のために(目的に沿っているか)、どのようなやり方で(どんな手段で)やるのかを、決めて、しつこく実践していくことが大切なんですね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月14日

ヘッジファンド運用成績ランキング2015

ヘッジファンド運用成績ランキング2015(ファンド名、年率、戦略)
1 パーセプティブ・ライフサイエンシーズ 51.8% 株式L&S
2 メルヴィン・キャピタル        47.0% 株式L&S
3 セガンティ・アジアパシフィック    29.6% 株式マルチストラテジー
4 シレブラ・キャピタル         27.0% 株式L&S
5 テトン・キャピタル・パートナーズ   23.5% 株式L&S
6 エレメント・キャピタル        22.7% マクロ
7 ゴールデン・チャイナ         21.9% 株式L&S
8 ブラックストーン・センフィナ     21.0% 株式L&S
8 ティボーン・エクイティ        21.0% 株式L&S
10 クオンティテイティブ・グローバル   20.8% クオンツフューチャーズ





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資

2016年03月12日

書評 感想 Jimdoを使ってホームページを作ろう―世界一かんたん!



ブログ形式ではなく、無料でホームページを制作したい人に良いと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月10日

書評 感想 奇跡の営業



挙績率
1(お客様)×0.8(紹介率)×2.5(紹介人数)×0.8(成約率)=1.6

1 アンケートをつくる
2 商品の説明後、アンケートを書いてもらう

アンケートの内容
1 私の商談のどこがよかったか
2 誰がを紹介してくれるのか

アンケートの効果
1 紹介率が上がる
2 客筋が良くなる
3 共通の話題が生まれる
4 自己肯定感が高まる
5 強みがミッションが見つかる



営業マンにとっての楽しみとはなんのか?
との答えとして
それは、苦しみを乗り越える楽しさです
と書いてありました
苦しいプロセスを乗り越えた先にある、達成感をモチベーションにしているようです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月08日

書評 感想 今ウェブは退化中ですが、何か? クリック無間地獄に落ちた人々



ネットでウケるための方法
1 話題にしたい部分があるもの、突っ込みどころがあるもの
2 身近であるもの(B級感があるものを含む)
3 非常に意見が鋭いもの
4 テレビで一度紹介されたもの、テレビで人気があるもの、ヤフートピックスが選ぶもの
5 モラルを問うもの
6 芸能人関係のもの
7 エロ
8 美人
9 時事性があるもの
10 他人の不幸
11 多くの人の立場に関係するニュース・政策・法律

良いコメントをもらうための8つの条件
1 読み手に優越感を抱かせる
2 良いことを書く
3 人のために骨を折る
4 とにかく一貫した姿勢を貫く
5 素朴な「いい人」であり続ける/庶民派でいる
6 男の文化を理解する女でいる
7 いろいろと頑張ったことを書く(でも、結果は「出ない」か「そこそこの成功」程度)
8 「あるある」ネタを出す

PVを稼ぐためのテクニック
1 見出しを工夫する
2 無害な「釣りタイトル」をつける
3 将来的に発生しそうな出来事について予め言及しておく
4 時事ネタに乗る
5 テレビで紹介されたネタを使う
6 他人・他社が紹介しない自分だけの独自ネタを出し続ける
7 ヤフーニュースにリンクされそうな「お役立ち情報」を掲載しておく
8 一度アップしたものは削除しない

PVを稼ごうとする時の注意点
1 「一記事一ネタ」にする
2 文字量は400〜600字にする
3 ソースを明示する
4 自我を出さない、強い語調で意見を言わない、他者に関する断定をしない
5 クレームを受けないように配慮する

ネットユーザーが探すのは、「自分が最もトクするもの「自分に今一番必要なもの」



人間の本能的な欲求に基づくものは、コンテンツとして強いのですね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月07日

書評 感想 ほったらかしで12万円稼ぐ秘密のしくみ (誰でもできる!楽チン副収入シリーズ 第 1弾)



3つの媒体が組み合わさって設けを生む仕組みを構築する
1 ブログ(トラフィックビジネス)で集客しながら
2 無料レポートを使って読者さんを集め
3 メルマガ(リストビジネス)読者さんとの関係を深め
4 関連商品をアフィリエイトする

アフィリエイトに関する作業は、自分一人だけで行う必要があり、長く続けて行くうちに、作業がつらくなったり、あきてくる時期も来ると思います
これは、よほどの精神力がある人でなければ必ずやって来ます
しかし、やめてしまったらそこで終わりです
ネットビジネスはちゃんとした方法で地道に続けてさえいれば、必ず稼げるようになります
ですから、もし辛くなったり、飽きが来るようなときがあったとしても絶対に諦めないでください
そういうときにはペースを落としていいですし、しばらく完全に休んでみてもいいと思います
私もブログを始めてから3か月程度経った頃に、2か月ほど完全に作業を止めたことがありました
その間いろいろなことを考えることができましたが、でも、せっかく3か月も頑張って来たのに諦めるのはもったいないではありませんか
そして私はそこで新たな決意をし、その当時のブログを捨て気分一新、新しいブログを開設し、メルマガも持ち、ここまで来たわけです
途中で休んでも構いません
しかし、必ず戻って来てください
疲れたら休むのです
そして力をため、また進むのです
それを繰り返せば、いつか必ずゴールには到着します



「あとがき」の一部を抜粋しましたが、継続することの大切さが丁寧に説明されていますね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月06日

書評 感想 Google、Yahoo!、Facebookからタダで集客する技術 【究極の内部対策】 WebコンテンツSEO



問題解決、疑問解消、欲望充足、新しい出会い、情報交換等のニーズを満たすものを独自コンテンツとして掲載すれば、より多くのネットユーザーが訪問してくれることになる





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月02日

書評 感想 マンガでわかるアフィリエイト



「作業が楽しい」という要素がないと成功は難しい

ASPは日本アフィリエイト協議会に登録している業者がおすすめ

高額報酬を得ているアフィリエイターの特徴
・アフィリエイト歴が3年以上
・1日に8時間をアフィリエイトにかけている
・アイデアと努力が大切と考えている
・月に3〜10万円をアフィリエイトに投資している
・広告主とASPを厳選している

月に30万以上のアフィリエイト収入がある人の特徴
・ほぼ全員が法人化もしくは個人事業主
・男性9割、女性1割の比率
・アフィリエイト歴は全員3年以上
・1日あたりアフィリエイトに平均6.3時間をかけている
・(ASPは)バリューコマースをいちばん愛用しており、次いでリンクシェアを利用
・広告主からは特別報酬や個別サポートを受けている
・注力している広告主数は6〜10社と回答した人がもっとも多い
・独自ドメインはほとんどの回答者が5個以上持っている
・アドセンスとGOOGLEANALYTICSの利用率は9割以上
・時間と場所に縛られずに”仕事”ができるのがいちばんの魅力と考えている

人気のジャンル
・金融(FX、クレジットカードなど)
・旅行
・パソコン
・自動車

成功するアフィリエイターに必要な要素は?
・継続すること 88.0%
・文章力 67.1%
・アイデア 60.2%
・努力 60.2%
・SEOの知識、経験 44.9% 
・アフェリエイトの仲間 37.0%
・広告主との良好な関係 30.1%
・HTML&CSSの知識 29.6%
・ASPとの良好な関係 29.2%
・写真の技術 25.9%
・プログラミング 10.6%
・動画の技術 3.2%

すぐには儲からない中で頑張るためには情熱が必要



「成功するには、成功するまで続ける」という言葉にすると簡単な標語になってしまうのですね
結局、続けるための”熱量”の多寡で決まるわけですね





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2016年03月01日

書評 感想 絶対達成マインドのつくり方――科学的に自信をつける4つのステップ



「時間が未来から流れてくる」と考えて、目標から逆算して、やるべきことをやっていく

あたりまえ化の4つのステップ
1 「わからない状態」(無意識的無能)
2 「わかっちゃいるけど状態」(意識的無能)
3 「がんばる状態」(意識的有能)
4 「あたりまえ状態」(無意識的有能)

目標に向ける「意識」の回数を増やす

倍速管理
期限を2つ折り(半分)にして、2倍速で仕事を片付けるやり方

期限までに何日間あるのかを考える
どのくらいの時間がかかるのかを見積もる
依頼者に途中で確認を入れる

目標を達成するために出てくる3つの問題
1 顕在問題 今、明らかになっている問題
2 行動の潜在問題 行動をスタートする前には想像できなかった行動を阻む問題
3 結果の潜在問題 行動してみて、初めて出現する想定外の問題

いまこの時点でやるべきことがあれば、それは後回しにせずにやるべきだ





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評