2017年04月30日

書評 感想 パニック経済: 経済政策の詭弁を見破る



公共事業は、無駄使いだということを聞くことがありますが、お金の使い方として、効率が悪いということなのでしょう
私の個人的な考えは、国が成長するためには、内需よりも外需を取り込むことにお金を使った方が良いということです
海外で物やサービスを提供するということです
日本のGDPは世界全体において6.5%を占めているので、海外売り上げ比率93.5%を目指すのがいいのではないかと考えています





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2017年04月26日

書評 感想 仕事の文章は3行でまとめなさい



書き出し・本文・締めで構成を考える
本文に収まらない関連情報は、別に箇条書きにして添える



一日の終わりに、3行のセルフフィードバック日記を書いて、改善に役立てるという使い方がいいと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2017年04月24日

書評 感想 翻訳家の蔵書



翻訳家がどのようにして英語を学んできたのかということに興味があったので読んでみました
勉強法については、あまり書かれていませんでしたが、高校生の時に、850の語彙のイラスト入り初等物理のペーパーバック、パフィン・ブックス、DCコミック・ブックス等の原書に取り組んでいたそうです

著者の書籍の蒐集や翻訳に対する、偏愛ぶりを色々と感じることができます
こだわりの強い人でないと、翻訳でいい仕事はできないのでしょう
1日に12時間くらいを翻訳に費やしているようです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2017年04月15日

書評 感想 不変のマーケティング



「次の行動」と「その行動を起こすことのメリット」を一致させる

「されたらいいな」を、やる

「お客の頭の中を考える」
1.お客はどうしてここに集まっているのか? 何を探しているのか?
2.お客が嫌っていることは何か?
3.どうして嫌っているのか・
4.お客は、何に悩んでいるのか?
5.どうして悩んでいるのか?
6.お客が恐れていることは何か?
7.どうして恐れているのか?

物語を伝える媒体(たとえば、ニュースレター)を発行する
商品は、「勝負」と「収集」を原則にする
勝負イベントを開催する

物語の展開
1.開発しようと思ったきっかけ(使命感)
2.挫折
3.ちょっとした成功
4.あきらめようと思うほどの挫折
5.予想外の成功

共感する情報を介したコミュニティを作る

お客の購買までの感情の動きのプロセスと売り込みのプロセスを一致させる



「本物のノウハウっていうのは、たいていは知ってしまうと当たり前の話」であると著者は書いています
ノウハウを知っても1%程度の人しか活用しない、実践しないようなのです
仕入れた知識は、試してみましょう
そうすれば、結果というフィードバックが必ず得られるのですから





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2017年04月14日

書評 感想 リセット ~Google流 最高の自分を引き出す5つの方法~



「穏やかで幸せで満ち足りた生活を送るにはどうすればよいか」を自分に問いかける

「今」「ここ」に集中するマインドフルネス瞑想を、最高のパフォーマンスをするために上手に活用する

感謝の気持ちを意識する
 毎日10分間を使って、感謝の気持ちを持つことに集中する



著者によると、実際にやってみると確かに効果を感じるそうだ





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2017年04月08日

書評 感想 世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた: グローバルエリートは見た!投資銀行、コンサル、資産運用会社、プライベート・エクイティ、MBAで学んだ15の仕事の極意、そしてプライベートの真実



マッキンゼー、ベイン・アンド・カンパニー、ボストンコンサルティンググループ等のコンサルティングファームや、ゴールマン・サックス、モルガン・スタンレー、JPモルガン等の投資銀行は日本人社員の大半が東大出身者で修士号や博士号取得者であり、海外の一流大学院のMBA取得者であることも多いらしいです

ワークライフバランスという言葉があるが、そんなことを考えている人は、そもそも、これらの業界で生き残っていけないと思われます

知的能力は大前提として、睡眠時間が数時間でも大丈夫な体力が必要とされるようです

インプットとしての学習とアウトプットとしての仕事に明け暮れるということでないと、グローバルエリートには成り得ないということなんでしょう





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評