2017年05月07日

書評 感想 やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論



研究者としての仕事力をつけるための成長の10のステップ
ステップ1. 興味を持てる得意分野を発見する
ステップ2. 最初は自分で学ぶ
ステップ3. 師匠を持つ
ステップ4. 現場で恥をかく
ステップ5. 失敗を恐れつつも、果敢に挑戦する
ステップ6. 自分の世界で一番になり成功体験を得る
ステップ7. 研究者としての自信をつける
ステップ8. 井の中の蛙であったことに気付き、打ちのめされる
ステップ9. すべてを知ることはできないことを理解する
ステップ10. それでも、自分の新しい見識を常に世に問うていく

市場経済の基本原則で「scarcity(希少さ)が価値を生み出す」を戦略的に利用して、自分を価値のある交換不可能なものにする

付録 研究者の自己開発とキャリア形成のための20冊

「同じトピックを扱う2冊の本を読むことで、読者は否応なく2冊の内容を比較せずにはいられなくなり、注意を本を読むという行為よりも、本の内容に向けることになる」と著者は書いています

1) 生産性を高めるための人生管理術の古典的自己啓発書2冊





2) コミュニケーション力とは人付き合いと人柄のことであると理解する2冊





3) プロフェッショナル研究者としての心得を学ぶ





4) 学校では教えてくれない“正しい”キャリアパスを知る2冊





5) 起業家から失敗を恐れつつも、挑戦する方法を学ぶ2冊





6) 一流のサイエンスストーリテリングを学ぶ2冊





7) メインのメディアでは報道されないアメリカを知る2冊





8) アメリカの医療の問題点を知る2冊





9) 自分の考えを人に伝えるための極意を学ぶ2冊





10) 不確実な時代を生き抜くための知見を学ぶ2冊







研究者のために書かれた本ですが、一般のビジネスパーソンにも読んでもらいたい本です
著者は、多数のビジネス関係書を読んでいて、それをまとめて構造化してくれています
自分の仕事の環境に合わせて、アレンジして取り入れることをおすすめしたいと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2017年05月05日

書評 感想 サヤ取り入門 増補版



サヤ取りのパターン分類
・A 順ザヤの縮小を取るパターン1
・B 逆ザヤの拡大を取るパターン2
・B 順ザヤの拡大を取るパターン3
・D 逆ザヤの縮小を取るパターン4
   (アルファベットは難易度を示す Aが易、Dが難)

サヤのピークは相場のピークとだいたい一致する

サヤの開閉の周期は15日、30日が多い

なるべく大きいサヤの波を狙って仕掛ける

順ザヤ期でのひとつの山は拡大を始めた値段の水準までもどることが多い

危険な動きがあれば損切りするべし チャンスはいくらでもある

「びよーん」はサヤの転換が近いサインのひとつ

両方の限月(あるいは市場)でストップ高あるいはストップ安になったときは転換のサイン

逆ザヤがいったん同ザヤに近くなるくらいまで縮小した後の拡大を狙うのがベスト

周期を根拠に仕掛けた場合は必ず周期を基に手仕舞いをする

サヤ取りの練習を始めるための10カ条
1 サヤ取り練習中、他の売買は一切やらない
2 ブロック、玉帳、グラフは手書きで
3 1−1枚、単発仕掛け、単発手仕舞い
4 板寄せ銘柄の同銘柄異限月から始める
5 銘柄を絞る
6 終値で判断して始値で売買する
7 パターンを絞ってドテンは禁止
8 休みを入れる
9 勉強ノートを駆使する
10 損切り規定を必ず設ける

サヤ取りを続けていくために
1 サヤ取りはビジネスとしての売買である
2 スリルを追求してはならない
3 一度に大きく取ろうとしてはならない
4 ただし、少ない利益を狙ってはならない
5 損小利大が大原則である
6 サヤ取りも相場、けっしてなめてはならない



著者の年間収益率についても説明してあればよかったと思います
「サヤ取りはビジネスとしての売買である」と言っているので、どの位の資金量でどの位のリターンが期待できるのかということが知りたいと思ったのです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2017年05月01日

書評 感想 相場で負けたときに読む本 ~真理編~



相場に勝つための3要素は価格、価格、価格である

上がるか、下がるかではない
いつ上がるか、いつ下がるかだ

相場とは「こうなればこうする」という未来への対応を、過去のデータを用いて検証することでより良い対応に育てていく、いわは「育成ゲーム」なのです



筆者は、裁量トレーダーをやめて、システムトレーダーとして相場に取り組んでいるそうです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評