2009年05月09日

書評 感想 あなたはコンピュータを理解していますか?





いろいろな例を通じて、そこに共通する本質をつかむことこそ、理解への一番の近道

エントロピーは期待収益率

一番ありがちな客のパターンに目をつけるのは、モノを売るときの鉄則

何かを理解するとは、抽象化と具体化の間を自由に行ったり来たりできること

コンピュータが動くということの本質は、遷移規則に従って、状態遷移を繰り返すこと

空間的局所性 今見ているところの近くは、将来にまた見る可能性が高い
時間的局所性 今見ているところは、将来にまた見る可能性が高い

LRU(Least Recently Used)「最近一番使われていないもの」
野口悠紀雄氏の『「超」整理法』で紹介されている押し出しファイリングは時間的局所性を応用したもの

社会のコンピュータ化とは、偉大なるデフレ要因である

参考図書
痛快!コンピュータ学
痛快!コンピュータ学 (集英社文庫)
ソフトウェアの20世紀―ヒトとコンピュータの対話の歴史
コンピュータは、むずかしすぎて使えない!
暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで
暗号解読〈上〉 (新潮文庫)
暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)
コンピュータの時代を開いた天才たち―最先端で活躍する型破りな15人の軌跡
それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン
アルゴリズムとデータ構造 (岩波講座 ソフトウェア科学)
誰がどうやってコンピュータを創ったのか?
図解 情報理論入門
コンピュータの構成と設計~ハードウエアとソフトウエアのインタフェース 第3版 (上)
コンピュータの構成と設計~ハードウエアとソフトウエアのインタフェース 第3版 (下)
コンピュータの数学
ファインマン計算機科学
ビル・ジョイの冒険―ネットワークをコンピュータにした人々
量子コンピュータ入門 (情報科学セミナー)
唯脳論
唯脳論 (ちくま学芸文庫)
ユーザーインターフェイスデザイン―Windows95時代のソフトウェアデザインを考える (Programmer’s SELECTION)
ヒューメイン・インタフェース―人に優しいシステムへの新たな指針
誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)
Cプログラミング診断室―うつくしく健康なプログラムのために
Cプログラミング診断室―さらに美しく健康的なプログラムのために
Cプログラミング専門課程






人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


アルゴリズムとデータ構造 (岩波講座 ソフトウェア科学)
Excerpt: アルゴリズムとデータ構造 (岩波講座 ソフトウェア科学) アルゴリズムとデータ構造の教科書です。発行からすでに15年以上経っ...
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-06-18 02:12