2017年01月06日

書評 感想 いつも三日坊主のあなたが続ける人になる50の方法



やり方をまねる
「お手本」になる対象のことを「モデル」と呼び、観察学習することを「モデリング」と呼ぶ

「快感」とセットにする
同じ時間、同じ状況で、同じ行動をとる

「感情の日記」をつける

「苦痛」をモチベーションにする
「悲壮感」を演出する

行動を観察・分析する

「実行意図」を用いる
「実行する内容」「実行する場所」「実行する日時」を書き出す

「やらないこと」のリストをつくる

小さなご褒美を「いつも必ず」与える

「事故陶酔」でモチベーションを上げる

ファースト・タスクを決める
習慣化したいことは他のことと「優先順位」を比較することなく、一日の最初に手掛ける

ネガティブな感情を味方にする

苦痛は一気に乗り切る
人は苦痛にすら慣れる

ノウハウ本を読むだけでは「続けられる人になりそうだ」という高揚感を味わうだけ



自分にとって、やりたくない事、苦手な事、苦痛な事を、まず最初に手掛けるからこそ、目標を達成することが出来ると考えるのがよいと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/445643935