2017年03月07日

書評 感想 なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践



免疫マップ
1 改善目標
2 阻害行動
3 裏の目標
4 強力な固定観念



「強力な固定観念」があるために、「裏の目標」を達成しようと、本来。避けるべき「阻害行動」をしてしまい、「改善目標」を結局、達成することができなくなるというメカニズムです
「強力な固定観念」と「裏の目標」に自覚的になる、意識的になるというプロセスを経ないと、「改善目標」は、絵に描いた餅になります
「改善目標」が実現しないことで、何を得ているのかを考えてみることをおすすめします
良書だと思いますので、ぜひ、読んでみてください





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL