2017年04月24日

書評 感想 翻訳家の蔵書



翻訳家がどのようにして英語を学んできたのかということに興味があったので読んでみました
勉強法については、あまり書かれていませんでしたが、高校生の時に、850の語彙のイラスト入り初等物理のペーパーバック、パフィン・ブックス、DCコミック・ブックス等の原書に取り組んでいたそうです

著者の書籍の蒐集や翻訳に対する、偏愛ぶりを色々と感じることができます
こだわりの強い人でないと、翻訳でいい仕事はできないのでしょう
1日に12時間くらいを翻訳に費やしているようです





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/449281027