2017年05月07日

書評 感想 やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論



研究者としての仕事力をつけるための成長の10のステップ
ステップ1. 興味を持てる得意分野を発見する
ステップ2. 最初は自分で学ぶ
ステップ3. 師匠を持つ
ステップ4. 現場で恥をかく
ステップ5. 失敗を恐れつつも、果敢に挑戦する
ステップ6. 自分の世界で一番になり成功体験を得る
ステップ7. 研究者としての自信をつける
ステップ8. 井の中の蛙であったことに気付き、打ちのめされる
ステップ9. すべてを知ることはできないことを理解する
ステップ10. それでも、自分の新しい見識を常に世に問うていく

市場経済の基本原則で「scarcity(希少さ)が価値を生み出す」を戦略的に利用して、自分を価値のある交換不可能なものにする

付録 研究者の自己開発とキャリア形成のための20冊

「同じトピックを扱う2冊の本を読むことで、読者は否応なく2冊の内容を比較せずにはいられなくなり、注意を本を読むという行為よりも、本の内容に向けることになる」と著者は書いています

1) 生産性を高めるための人生管理術の古典的自己啓発書2冊





2) コミュニケーション力とは人付き合いと人柄のことであると理解する2冊





3) プロフェッショナル研究者としての心得を学ぶ





4) 学校では教えてくれない“正しい”キャリアパスを知る2冊





5) 起業家から失敗を恐れつつも、挑戦する方法を学ぶ2冊





6) 一流のサイエンスストーリテリングを学ぶ2冊





7) メインのメディアでは報道されないアメリカを知る2冊





8) アメリカの医療の問題点を知る2冊





9) 自分の考えを人に伝えるための極意を学ぶ2冊





10) 不確実な時代を生き抜くための知見を学ぶ2冊







研究者のために書かれた本ですが、一般のビジネスパーソンにも読んでもらいたい本です
著者は、多数のビジネス関係書を読んでいて、それをまとめて構造化してくれています
自分の仕事の環境に合わせて、アレンジして取り入れることをおすすめしたいと思います





人気blogランキングにクリック投票をお願い致します

posted by pluswell at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL